詳細情報

2019-09-26 22:41:26 登録

No.5817

だだちゃ豆

地域
山形県
カテゴリ
料理・グルメ
・山形県の中でも、だだちゃ豆は鶴岡市の限られた地域で栽培!とくに白山地区(鶴岡市の面積の約0.2%)が名産地。
・「だだちゃ」は「お父さん」を意味する庄内の言葉。1800年代、庄内藩のお殿様が献上された枝豆に「今日はどこのだだちゃ(お父さん)が作った枝豆か?」と言ったことから、白山の枝豆が「だだちゃ豆」と呼ばれるようになったという。
・だだちゃ豆のタネは、各農家さんがそれぞれ独自のタネを長年栽培。鶴岡市の土壌・気候に合わせて独自に進化してきたため、なぜか他の土地ではおいしく育たないという。
だだちゃ豆の写真準備中

【だだちゃ豆】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点ご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております、ご確認下さいませ。

順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら