詳細情報

2014-07-04 18:18:11 登録

No.4067

いか人参

地域
宮城県
カテゴリ
料理・グルメ
スルメとイカを細切りにし、醤油と日本酒とみりんなどで味付けをします。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれています。

福島県北部の郷土料理である。
スルメとニンジンを細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けする。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれている。

・いか人参は、スルメとニンジンを細切りにし、ダシ醤油・砂糖・みりんなどで味付けをした福島の郷土料理。
・メインのおかずではないが、福島県民の心と胃袋をしっかりと支えている!
・長人参で作った物が、福島伝統の真のいか人参!
・福島県内のスーパーでは、いか人参用に細切りされたスルメや、いか人参用のタレが販売されている!
・各家庭には、こだわりのオリジナルいか人参が存在! 枝豆、ゆず、ひじきなど、各家庭によって好みの具材を加えている。

いかにんじんは家庭ごとに作り方も味も異なる。材料は、近年は松前漬けの影響を受け昆布や数の子を入れる場合もあるが、伝統的にはニンジンとスルメだけである。 松前漬けと異なり、昆布のぬめりがなく、ニンジンの食感が楽しめるサラダ感覚の漬物である。

一説には、1807年に蝦夷地(現在の北海道)松前藩が梁川藩に国替えになった際に、家臣がいかにんじんを知り、1821年に再度蝦夷地に国替えになったときに持ち帰って特産の昆布などを加え松前漬けを作ったといわれる。
いか人参の写真準備中

【いか人参】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点ご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております、ご確認下さいませ。

順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→ イナゴの佃煮

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら