キーワード検索

郷土料理の検索結果


さらに検索条件を追加する

201 件中 51~60件

No.4409

お茶飯(おちゃまま)の画像準備中

大分県

お茶飯(おちゃまま)

【料理・グルメ】
国見町岐部の上岐部地区の郷土料理。たっぷりのお茶で米を炊いたもの。 お茶飯は四百年ほど前から伝わる料理。当時、この地区にはため池がなかったため、米が思うように育たなかった。少ない米の量を増やすため、お茶で米を炊き、ふやかしていたという。…

2014-07-08 15:06:42 登録

No.4405

いとこ煮の画像準備中

大分県/日田地方

いとこ煮

【料理・グルメ】
日田地方の郷土料理。 「いとこ煮」は秋の収穫が終わり、一段落すると家庭で作る。もち米、アズキ、サトイモ、ダイコンなど、10、11月ごろに採れる旬の物を一緒に炊き、神仏に供え、家族で食べて収穫を喜び合う。…

2014-07-08 15:05:18 登録

No.4401

鮑腸の画像準備中

大分県/大分市

鮑腸

【料理・グルメ】
大分市戸次地区に伝わる郷土料理。 見た目はうどんのようだが、一本のめんの長さは2メートル以上あり、この長いめんをつゆにつけて食べる。 名前の由来は諸説あるが、戦国時代、アワビ(鮑)が不漁だった時に、大友宗麟の家来が小麦粉をこねてアワビの腸に似せたものを作ったら、アワビ好きの宗麟がとても喜んだというのが最も有力。…

2014-07-08 15:04:20 登録

No.4400

鮎めしの画像準備中

大分県

鮎めし

【料理・グルメ】
「鮎めし」は中津市耶馬渓町の郷土料理。 かつては焼いたアユをいろりにつるして薫製にし、保存食にしていたう。鮎めしは、保存したアユをみんなで、おいしく食べるための先人の知恵。 鮎めしは塩焼きにしたアユを、米と一緒に炊く。アユ以外に具は入れない。味付けは、しょうゆのみ。「香魚」と呼ばれるアユの風味を最大限に引き出すには…

2014-07-08 15:03:53 登録

No.4399

アユのうるかの画像準備中

大分県

アユのうるか

【料理・グルメ】
日田地域で作られている代表的な郷土料理、アユのうるかは三種類。 内臓だけを原料とする「にがうるか」、真子と白子で作る「真子うるか」、身も使う「身うるか」。中でもアユを余さずに使う身うるかが盛ん。 うるかは、一年魚で取れる時季が限られるアユの保存法として生まれた発酵食品。 身や内臓を包丁などでミンチ状にして塩を加える…

2014-07-08 15:03:38 登録

No.4398

あたま料理の画像準備中

大分県

あたま料理

【料理・グルメ】
魚の骨とうろこ以外はすべて食べてしまうという竹田市を代表する郷土料理。 起源は江戸時代初期のころと言われる。当時、魚は臼杵や佐伯から馬の背に乗せて竹田まで運んでいた。くじゅうや祖母山系に囲まれた岡藩の住民にとって、塩漬けしていない海魚は貴重な食材。一度の運搬でより多くの人が海魚を味わえるよう、内臓まで無駄なく食べ尽く…

2014-07-08 15:03:25 登録

No.4394

馬肉料理

熊本県

馬肉料理

【料理・グルメ】
日本一の馬肉王国・熊本でも、霜降りの馬刺は松阪牛より高価な高級食材。熊本県民にとって霜降りの馬刺は、特別に日に食べるごちそうだという。創業70年の郷土料理店「青柳」では極上の馬刺のほか、今お店で大人気の馬肉のしゃぶしゃぶが食べられる。 馬肉は、桜肉とか蹴とばし等といわれ、戦前から庶民の食べ物でした。広大な阿蘇山麓…

2014-07-08 15:02:03 登録

No.4373

大村寿司の画像準備中

長崎県/大村市

大村寿司

【料理・グルメ】
大村市の郷土料理の代表は大村寿しで、この料理には歴史があります。 約500年前、当時の大村領主であった「大村純伊(すみこれ)」が領地を奪回したとき、領民たちが喜び、もろぶたにご飯をひろげ、その上に魚の切り身や野菜のみじん切りなどを載せ、押しずしにして領主や将兵の食事として出し、これを脇差し(刀)で5cm角に切って食べ…

2014-07-08 12:54:25 登録

No.4364

だぶの画像準備中

佐賀県

だぶ

【料理・グルメ】
お祝いや憂いの時など、集落の人が共同で作った郷土料理です。はれの時は四角に材料を切り、うれいの時は三角に切ったりもする。 味付けも、はれの時は砂糖を使用しない、憂いは味が不足するので砂糖をきかすなどその時々によって味付けも変化させる料理です。…

2014-07-08 11:58:07 登録

No.4363

だご汁の画像準備中

佐賀県

だご汁

【料理・グルメ】
だご汁は佐賀で古くから伝わる素朴な味 の郷土料理です。武雄温泉は鍋島藩に属し、「葉隠」に代表される質実剛健の気風は農村の食生活にまで強く影響を与え「だご汁」や「茶粥」など質素なものが多い。 その中でも、このだご汁は突然の来客のもてなしや、慶事の宴会の席で食され、当時の唯一の動物性タンパク質である鯨、ネギ、そして小麦…

2014-07-08 11:57:54 登録

201 件中 51~60件

関連情報

ページの先頭


あなたにおすすめ

更新・RSSフィード

RSSフィード

最新の地域登録情報をRSSフィードで受信可能です。

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

ご質問・お問い合わせ

スマートフォン版はこちら