詳細情報

2013-04-23 23:52:44 登録

No.404

芋煮(いも煮)

地域
山形県
カテゴリ
料理・グルメ
里芋、牛肉、コンニャク等を煮込んだ郷土料理。米沢牛入りもある。
作り方も様々で、しめじや舞茸などのキノコ類や根菜類など、お好みの具材を入れることもある。

山形県民にとって、河原で芋煮を作って食べる「芋煮会」は秋の恒例行事! 芋煮の具は里芋・牛肉・コンニャク・ネギが基本。芋煮会のシメは「カレーうどん」が鉄板!?

里芋やこんにゃく、ねぎ、きのこ類、季節の野菜などを主な具材とした鍋料理。
江戸時代、京都との文化交流から入ってきた料理がルーツとされます。稲刈りが終わる秋に食べごろを迎える里芋は古くから庶民の味として親しまれており、里芋を用いた収穫祭や地域交流の場として屋外で大きな鍋を囲む「芋煮会」は300年程前より行われていました。

現在も9月の第1日曜日を「芋煮会」の始まりの日とし、山形県の風物詩となっています。豚肉を用いる庄内風、牛肉を用いる内陸風など、地域により様々な形で受け継がれています。

山形県では稲の実る頃に食べるいも煮風習があります。旧暦八月十五夜の「芋名月」に里芋をお供えして祝った農耕神事に由来するとか、最上川舟文化に端を発するとか、由来は様々いわれています。親しい人たちが屋外で大きな鍋を囲みながら、里芋の入った煮ものを楽しむ郷土料理で、いも煮会と呼ばれています。牛肉を加えた醤油味で、河原で楽しむのが内陸スタイル、豚肉、味噌味で海辺で作るのが庄内スタイルとされています。

山形県民にとって芋煮会は、絶対不可欠な秋の恒例行事!
山形では、9月から11月になるとスーパーで芋煮の食材・薪など、芋煮会に必要なもの販売している。大きな鍋などは無料でレンタルしてくれる。
芋煮の具は、サトイモ・牛肉・コンニャク・ネギが基本。
庄内地方の芋煮は、豚肉が常識だという。また、味付けに味噌を使うのが鉄則らしい。
芋煮会のシメは「カレーうどん」にして食べるのが鉄板だという。
芋煮(いも煮)の写真準備中

【芋煮(いも煮)】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点ご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております、ご確認下さいませ。

順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→ 泉州水なすの糠漬け

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら